JapanesQue

日本酒と温泉の専門ジャーナル

蔵元訪問:田中屋酒造店(長野県飯山市)

f:id:watanabeikuko:20180618230153j:plain

長野県飯山市にある酒蔵、田中屋酒造店へ行ってきました。(2018年2月の記録です)

 

水のごとく旨き酒”を造るための努力

田中屋酒造の代表銘柄は「水尾」。

「水尾」(みずお)の名の由来は、仕込み水である、野沢温泉村にある水尾山の湧き水からきています。

「水尾の酒のこだわりについて語るには、まずは、水から。」

田中社長は、蔵案内にさきがけ、お話をして下さいました。


現社長(6代目)が25年前、蔵に入ってから最初に研究したのは、水でした。それまで使っていた井戸水の水質が硬すぎるため、吟醸酒等の製造には不向きだと分かったからだそうです。よい水を求めてあちこちに出向いた結果、水尾山の水と出会い、以降、仕込み中は日に何度も、片道20km北の水尾山のふもとまで行って、水を汲んできています。
私が取材した当日も、ちょうど、タンクローリーで水を汲んで戻ってきたところに出くわしました。仕込み水を試飲させて頂いたのですが、やや甘みを感じる、柔らかな水でした。酒質を決めるのはもちろん水だけではありませんが、水尾の酒とこの水との共通点を、はっきり感じとることができました。


地のもので、酒を造る

地酒とは何か?と考えた時に、やはり米も極力、地元産にこだわりたいと考えられ、現在は、長野県産の酒造好適米を100%使用しているとのこと。

特に、地元である木島平村のみで栽培されている希少品種「金紋錦」は、今や注目を浴びている酒米のひとつです。交渉の末、安定的に確保できるようになったそうで、金紋錦の良さについては、この後訪れる「信越自然郷」内の他の酒蔵さんでも、度々、話題になりました。

 
蔵人も、地元にこだわる

2月の最後、造りまっ最中の蔵の中をご案内頂いたのですが、働いている蔵人さん達は、若く、てきぱきと仕事をこなしていました。田中屋酒造の地酒を造るキーポイントは、「人」でもあります。杜氏も地元「飯山杜氏」、蔵人たちも近くに住む方々。造り期間中は、寝食を共にするするため、その信頼関係が、お酒の質にも現れると考えていらっしゃるそうです。

 
ラインナップのバラエティは基本形があってこそ

さて、様々な角度から「田中社長の考える“地酒”について」そして「水尾の酒造りのこだわりについて」お話を伺ってきたのですが、テイスティングを通して、それらがストンと腑に落ちたのを感じました。

ズラっと並べられたラインナップの中で、まずは水尾の真骨頂である「特別純米酒 金紋錦仕込み」を味わい、それを基軸として他の銘柄をきき酒していきました。

全てのこだわりがぎゅぎゅっと詰まっている「特別純米酒 金紋錦仕込み」は、木島平産金紋錦を100%使用した、特別純米酒です。淡白でシンプルな味わいの中に、独特な深みとふくらみ、幅のある味わいを感じられます。

「どんな料理が合いますか?」と社長に尋ねたところ、間髪入れず「野沢菜が最高でしょうね。」とのお答え。実際に、セミナー当日はこちらのお酒をサンプルとしてお出しし、野沢菜との相性を試したのですが、お酒と野沢菜に共通する、大人だからこそ分かる心地よい酸味と、ほのかな苦みが、有無を言わさぬベストマッチングでした。

普段、野沢菜と地酒なんて、当たり前に合せているだろう参加者皆様も、マッチする理由をお伝えしたところ、なるほど!と膝を叩き、「これからは自信をもって観光客におすすめします!」とおっしゃって下さいました。

 
すいすいとのみ続けられると、地元の方々も愛飲

女将もセミナーにご参加下さったご縁で、帰りの新幹線までのわずかな時間でしたが、飯山駅前にある居酒屋さん「よってかし おんと」に伺いました。和気あいあいと、皆さんが杯を傾けていたのですが、驚いたのは、日本酒の一升瓶をキープしてぐいぐいと飲んでいらっしゃる光景!そして、その一升瓶はまさに、水尾のスタンダード酒でした。

都内は飲食店が多く、さらに色々なお酒が並んでいて移り変わりも激しいので、なかなか「マイ一升瓶」をキープしている方はいないのでは?こちらはお蕎麦が美味しい居酒屋さんなのですが、水尾とお蕎麦も、よく合いましたよ!
「よってかし おんと」 https://www.facebook.com/onto3ky/


皆様も飯山を訪れた際にはぜひ、水尾のお酒を「野沢菜」や「そば」など、土地のものと合せて楽しんでみて下さい。

<インフォメーション>

田中屋酒造店 

URL:http://www.mizuo.co.jp
●住所:長野県飯山市大字飯山2227
●電話番号:0269-62-2057
●蔵元見学:不可
●販売所:あり(試飲可)
●アクセス:
<電車の場合>JR飯山駅から徒歩15分

<車の場合>豊田飯山ICから車で15分(駐車場あり)

SAKE BREWERY TOUR 01 :Shichiken(Yamanashi Meijo)

f:id:watanabeikuko:20170602180153j:plain

七賢                 

Brand:SHICHIKEN

山梨銘醸株式会社(山梨県北杜市)   

Company Name:YAMANASHI MEIJO Co.,Ltd

住所:山梨県北杜市白州町台ケ原2283   

Adress:2283 Daigahara, Hakusyu-cho, Hokuto-city, Yamanashi pref. Japan 408-0312

電話番号:0551-35-2236         

Tel:+81-551-35-2236

URL:http://www.sake-shichiken.co.jp/  

Map:https://goo.gl/maps/AuGqxBqV1hM2

蔵見学インフォメーション

SAKE BREWERY TOUR INFORMATION

f:id:watanabeikuko:20170602180241j:plain

  • 蔵元見学:醸造期間のみ可、要予約、無料
  • 醸造期間は年によって変わりますので、見学予約の際にお問い合わせください
  • 休業日:なし(元日のみ)
  • 営業時間:9:00~17:00

アクセス

  お車の場合:中央自動車道 小淵沢ICから20分/須玉ICから15分

  駐車場  :あり(バス3台・普通車30台)

  電車の場合:JR中央線日野春駅または長坂駅からタクシーで15分01

蔵元訪問:七賢(山梨醸造)

f:id:watanabeikuko:20170602180153j:plain

山梨銘醸株式会社(山梨県北杜市)

住所:山梨県北杜市白州町2283

電話番号:0551-35-2236 

URL:http://www.sake-shichiken.co.jp/

蔵見学インフォメーション

f:id:watanabeikuko:20170602180241j:plain

  • 蔵元見学:醸造期間のみ可、要予約、無料
  • 醸造期間は年によって変わりますので、見学予約の際にお問い合わせください
  • 休業日:なし(元日のみ)
  • 営業時間:9:00~17:00

アクセス

  お車の場合:中央自動車道 小淵沢ICから20分/須玉ICから15分

  駐車場  :あり(バス3台・普通車30台)

  電車の場合:JR中央線日野春駅または長坂駅からタクシーで15分

名水で仕込む山梨銘醸、山梨の酒を世界へ!

寛延3年(1750年)創業、「七賢」で有名な山梨銘醸は、山梨の名水で仕込んだ清らかなお酒を新しい感覚でブランディングし、今、とても注目を浴びています。

山梨銘醸の長い歴史の中で、大きな転換期は1982年。日本酒業界が低迷していたこの時代に、全国に先駆けて普通酒を廃止し、全製品を特定名称酒へ変更しました。 これからは、綺麗な酒質の美味しい日本酒を海外の方にも飲んでもらいたい、という理念からだそうです。

その後、社長のご子息2人が専務と杜氏を任され、30代の若き兄弟二人三脚で、酒質の向上のみならず、現代の食や若者の味覚に見合った日本酒を、世に送りだしています。全国新酒鑑評会では金賞を何度も受賞、ワイングラスで美味しい日本酒アワード金賞受賞、インターナショナル・ワイン・チャレンジ銅賞受賞、その他にも、数々の受賞歴があります。 

日本の名水百選に選ばれた甲斐駒ケ岳の伏流水、またお米も、山梨県産米を積極的に使用しています。標高2900mにも及ぶ甲斐駒ヶ岳の伏流水は、清らかでキレのあるのが特徴です。また”真の地酒”を極めるため、山梨銘醸では、「夢山水」・「ひとごこち」といった、山梨県産の酒米を積極的に使用しています。 1999年には農業法人を設立し、酒米生産グループを結成。以来一貫した米作りと酒造りを行っています。 酒米も甲斐駒ケ岳の伏流水によって育まれていますから、 米にも、酒にも、同じ水を。という一貫性に、杜氏の強いこだわりを感じます。

広大な敷地の山梨醸造、蔵の中へ

f:id:watanabeikuko:20170602180426j:plain

蔵見学をしていて感じたのは、素晴らしい設備が整っているという実感、そして、どこを見ても、ピッカピカ!!衛生管理には細心の注意を払われている、というお話に説得力を感じました。

杜氏曰く、「かけるべきところには、いくらでもお金をかける。その見極めが、経営者として重要」とのこと。徹底した温度管理、衛星管理のため、最新設備が導入されていますが、これらはまさに、よい酒造りには欠かせないと判断されたためだそうです。

仕込みタンクの温度管理も、徹底されています。発酵の進み具合によって、タンク内を適正な温度に調整することが、一定の酒質の酒造りをすることには欠かせません。 こちらでは、全てコンピューターで管理し、少しでも温度が上がりすぎている、もしくは低いと判断された際にはすぐに、温度を調整するよう徹底されているとのこと。

試飲は、ステキなテイスティングバーにて

f:id:watanabeikuko:20170602180507j:plain

蔵見学の最後に、テイスティングバーを訪れました。見学者のテイスティングは無料!まるでスタンディングバーのようなしつらえの、テイスティングコーナー。 七賢のラインナップ、ほぼ全てをこちらで試飲することができるだけでも驚きですが、さらに感激したのは、高品質なワイングラスで提供されるということ。ワイングラスもおしゃれです。

自分好みのお酒が見つかったら、その場で購入することができます。お酒だけでなく、発酵食品や七賢グッズなどのお土産も充実しています。

試飲コーナーに、スパークリング酒「星ノ輝」を発見。このお酒は、全国8つの蔵元により立ち上がった「awa酒(あわさけ)協会」で認定されたスパークリング日本酒。特筆すべきは、糖分や炭酸ガスの添加も一切行っていない、まさにオーガニックな製法で作られている点です。

炭酸ガスを注入せず、発泡させる製法を、「瓶内二次発酵」といいます。 このようなこだわりの製法により新たに生まれた「星ノ輝」は、クリアでキレがあり、かつ、ゴージャスな味わい。試飲させてもらいましたが、山梨の綺麗な夜空に輝く満天の星空を眺めながら飲みたくなるような、上品でロマンチックなお味でした。杜氏曰く、世界に認められるスパークング酒となることを、目指しているのだそうです。

杜氏が目指す世界の日本酒

f:id:watanabeikuko:20170602180539j:plain

日本酒は、米、水、米麹、から造られますが、これらの原材料をいかに美味しいお酒にするかは、蔵人たちの熱い想いと丁寧な仕事、そして杜氏の腕にかかっています。 昔は、出稼ぎの蔵人を酒造りの季節のみ雇用していたそうですが、蔵人を社員としたのも、年間雇用をすることで士気を高めるのが目的とのことで、その効果は、酒質に現れているそうです。

日本酒人気が右肩上がりの台湾では、天鵞絨の味、絹の味、大中屋、スパークリング山ノ霞が、定番商品として流通。また、ベトナム市内でも、有名店「SUSHI BAR」を中心に、七賢を飲むことができます。 アジア圏のみならず、今後、七賢の海外進出はますます広がりそうです。

直営レストランもおすすめです

お時間のある方はぜひ、蔵の隣接地にある、直営レストラン「臺民(だいみん)」でお食事もどうぞ。臺眠とは、俳諧を辻嵐外に学んだ四代蔵元、北原伊兵衛延辰(1789~1830)の俳号から命名されたそうです。 甲州豚の塩麹漬け焼き定食など、地産地消にこだわった、カラダに優しく美味しいお食事と、七賢のお酒の相性が良いことは、いうまでもありません。 古民家風の内装は、心落ち着き、ゆったりとした時の流れを感じられます。お酒が苦手な方は、仕込み名水をどうぞ。都会の喧騒を離れ、まずは空気から。ぜひ、“七賢ワールド”を味わいに訪れてみませんか。

臺民(だいみん)インフォメーション

  • 電話番号:0551-35-5111
  • 営業時間:11:30~15:00/17:00~20:30(完全予約制)
  • 休業日 :火曜(祝日の場合は水曜日)、年末年始(12/31~1/3)