JapanesQue

日本酒と温泉の専門ジャーナル

Japanesque温泉担当:渡部郁子です

f:id:watanabeikuko:20170524225715j:plain

渡部郁子(わたなべ いくこ)

温泉ソムリエ(温泉ソムリエマスター・アンバサダー)

フリーアナウンサー、ライター

関東近郊、赤ちゃんにやさしい温泉情報を中心にラジオや雑誌などで活躍中。2009年から温泉ソムリエの活動開始。温泉地活性化の講演活動や、独自調査による温泉地の源泉状況の把握、温泉相談、温泉講座を開催するなど、精力的に活動中。ラジオJFN系16局ネット「JOYFUL LIFE」アウトドアナビゲーター、経済情報新聞紙「フジサンケイビジネスアイ」コラム担当。生活情報サイト「オールアバウト」アウトドアガイドほか、アウトドア情報誌、webなどで情報発信中。

ウェブサイト…http://watanabeikuko.jimdo.com、ブログ…http://ameblo.jp/i-watanabe/

 

はじめまして、温泉ソムリエの渡部郁子です

実は私、入浴が苦手でした。熱いお湯に浸かると疲れるし、ぬるいお湯では体が温まらない。温泉は気持ちいいとわかっていても、5分も浸かれば十分。お風呂なんて長く楽しめない、と思っていました。

その苦手意識を変えたのが、ある温泉との出会いでした。山梨県にある「ほったらかし温泉」は、ぬるめのお湯で開放的な湯船から遠く富士山が見える、景色の良さが魅力の日帰り温泉。初めて訪れたときはお湯のぬるさに慣れなくて不満を持って帰ったのですが、何度めかに訪れたある時、日の出を見るために夜の暗いうちに訪れて1時間以上湯船につかっていたら、ぬるいお湯でも長時間使っていると汗がでるほど温まるということを実感しました。

f:id:watanabeikuko:20170524223856j:plain

そこから温泉をもっと知りたくなって、温泉ソムリエの資格を取得。温泉の泉質による体への効果や、入浴が激しい運動に相当するほどの体力を使うことや、ぬるいお湯と熱いお湯の体への負担の違いなどについて学ぶことで、温泉だけでなく家庭でも正しい入浴方法が、身体の負担を取り除き、健康づくりに役立つことを知ったのでした。

それまで冷え性だし体力ないし、肩こりもひどかったのですが、ソムリエになってますます温泉に通うようになってからは、風邪を引かなくなり、気づけば肩こりもなくなりました。冷え性は相変わらずですが、体力がついたような気がします。

特に仕事で無理をしがちな20代~30代の女性たちの健康に貢献したい。私自身が温泉で癒され、体の不調を取り除くことができた経験をお伝えすべく、活動しています。

あなたも温泉で身体を温めつつ、ストレス解消、体力増強をはかってみませんか?温泉を目的別に選べるようになると、季節や泉質によって、行くべき温泉が変わってきます。泉質を理解すると、温泉の楽しみ方がますます広がります。

本サイトでは、泉質や環境を考慮して、おすすめの温泉を紹介しています。温泉選びに役立てていただけたら幸いです。ぜひあなたのお気に入りを見つけてくださいね。

入浴は、激しい運動!?

 

ある生活アンケートによると、日常的にストレスを感じながら暮らしている人は70%を超えるという集計結果が報告されています。ストレスを感じる対象としては、仕事に関することがダントツの1位で、家族のこと、家計や収入の心配事、夫婦や恋人同士の悩み、職場や学校での人間関係などがそれに続きます。

ストレスを健康的に解消するには、趣味やスポーツが効果的と言われますが、特に趣味をもたず、身体を動かすのは苦手という人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「温泉」です。旅行はストレス解消に効果的。温泉でリラックス効果も得られます。

それだけではありません。実は入浴するという行為は、お湯の温度によっては「激しい運動」に相当するほど体力を消耗します。毎日の入浴で、ダイエットすることだって可能です。家庭のお風呂で入浴する場合も、リラックス効果やダイエット効果がありますが、せっかくなら温泉に行きたい!と思う方が圧倒的に多いですよね。

温泉に行くにはお金がかかるし…

 温泉に行くにはある程度まとまったお金と時間が必要だから、なかなか行けないと思っている方、全国に日帰り温泉施設が増えています。お近くにもきっと、手軽に行ける温泉がありますよ。このサイトで、探してみてください。

f:id:watanabeikuko:20170524221337j:plain

週末は、温泉へ!

忙しい現代に暮らしていると「広い浴槽で手足を伸ばす」という入浴の基本的なことがが難しく、ついついシャワーで済ませてしまうという方も多いことでしょう。毎日の忙しい生活に、ゆっくり入浴している時間がないという理由もあるかもしれません。そういう方には、週に一度の「温泉習慣」をおすすめします。 

週末は近くの温泉で1週間の疲れを癒しながら、新陳代謝を高め健康な体を、お肌に優しい成分で美肌を、広いお風呂でリラクゼーションを手に入れ、健康&豊かなライフスタイルをめざしましょう。 

 

  

  

赤ちゃんと家族みんなで楽しめる温泉宿ガイド 家族温泉Vol.1

赤ちゃんと家族みんなで楽しめる温泉宿ガイド 家族温泉Vol.1

 

 

お湯アナ 

JapanesQueen:ONSEN Queen

渡部郁子